社会保険労務士は独学で合格できるのか?そして独学で勉強するべきなのか?

良く、「社会保険労務士は独学で合格できるか?」
「独学で勉強しても大丈夫でしょうか?」などという人がいます。

しかし、そのことに対して答えはありません。
独学で合格できる人もいますし、独学で合格できない人もいます。

ただ、確実に言えることは、
「社会保険労務士に不合格になる人のほとんどは独学である」
「独学で勉強すると、ほとんどの方は挫折してしまう」
と言う事です。

社会保険労務士に独学で勉強するということは、
沢山のことを長い期間犠牲にしなければなりません。

例えば、
●テレビやパソコンを見る時間
●友人や恋人との時間
●趣味の時間
●ぼっーとしている時間
●睡眠時間・身体を休める時間
など です。

このようなことを犠牲にする覚悟があって、
はじめて独学で勉強するスタートラインに立てるのです。
勉強法とか教材の選びは二の次です。

しかし、多くの方はこのようなことに耐えられなくなり、挫折してしまいます。
もしくは、はじめはやる気があっても、2ヶ月・3ヶ月となっていくと、
モチベーションが下がり挫折していくのです。

そもそも、社会保険労務士を独学で勉強すると言うことは、
「誰も教えてくれる人がいない」「講義が聞けない」
「全て自分で調べなくてはいけない」
「テキストだけで知識を理解しなければいけない」
といったことになり、
これらのようなことを経験した方はほとんどいないと思います。

大抵は、学校や塾の延長で、勉強していただけので、
まったく1から 勉強することの大変さがわからないはずです。

もし独学で勉強した事があっても、社会保険労務士のように
10人に1人も合格出来ないような試験に合格した人はほとんどいませんし、
いたとしたら、その方はとっくに社会保険労務士に合格していると思います。

このサイトでは、効率的に勉強して社会保険労務士に合格する方法を紹介するサイトですので、 独学で勉強する事はオススメしません。
別にわざわざ大変な思いをして独学で勉強する必要性は何処にもないはずです。

そして、最後にアドバイスをさて頂くと、独学で勉強して合格できない無駄な時間を
過ごさないで下さい。

合格コンテンツ

おすすめ通信教育