独学で合格するのが難しい理由

社会保険労務士に独学で合格するのは大変だと感じたと思います。
それでもまだ独学で勉強するという方もいると思いますので、
独学で合格するのが大変な理由を1つだけ紹介します。

その理由とは市販されている「教材」は、 それほど良いものがないということです。

ご存知の方もいると思いますが、市販されている教材の多くは、
予備校かそこで働く講師が書いています。
そして、教材を発行することで、学校の知名度を上げようとしているのです。
つまり、広告を目的としているということです。

だとすれば、教材の内容というのは書けることは限られてしまいます。
何故なら、実際の学校で教えるようなことを書いてしまえば、
学校に通学してもらえず、経営が成り立たなくなるからです。

これが、市販されている教材の実態です。

皆さんはこうした事実も知らず、その教材を使い、独学で勉強しようとしています。
しかも、講義が聞けない状態で。

でも、ここで説明したことは、良く考えれば分かる事だともいます。
学校と言えどの収益をあげるための、株式会社ですから、
わずか、2~3千円の教材で、皆さんが期待するようなことは書きません。

あれらの教材はトライアルやお試し商品みたいなもので、
最終的には予備校に入学してもらうような仕組みなっているのです。

にもかかわらず、多くの方は、インターネット上の●●と言う教材で
勉強したら合格できたという情報を鵜呑みにしてしまい、
独学で勉強してしまいます。

もし、あなたが社会保険労務士に独学で勉強したいというなら、
強い覚悟をもって望んで下さい。

少なくても、1日中勉強していられるような環境でなければ、
合格することは厳しいと思います。

社会保険労務士は、それくらい難易度の高い試験です。

合格コンテンツ

おすすめ通信教育