社会保険労務士に合格するための4つの勉強法

勉強法と言うのは、個人によって様々です。
合格者の話を聞けばそれが鮮明に出ます。
例えば、講義を重点的に勉強する人もいれば、問題集を重点的に勉強する人もいます。
どの方法が一番良いということではなく、自分の勉強しやすい形が一番良いのです。

しかし、それでも例外なく必要な勉強法と言うのがあります。
このページではそれを紹介していきますので、必ず実行して下さい。

●復習はこまめに行なう
復習は頭の善し悪し関係なく、誰にでも必要な勉強です。
基本的に勉強が出来る人と言うのは、意識的にも無意識的にも復習は欠かしません。
特に社会保険労務士のように、普段聞きなれない専門用語が多い試験では
なお更復習は必要です。
ですので、テキストや講義で覚えた知識は、問題集を使いながら、
きちんと理解できているか確認しながら進めて下さい。
勉強の基本は復習です。

●過去問演習は徹底的に行なう
社会保険労務士の勉強で一番重要なのは過去問演習です。
過去問を完璧にマスターできれば、本試験で合格出来ます。

全員とは言いますが、合格者の話を聞くと、
過去問をこれでもかと言うくらい繰り返し解いています。
それくらい過去問は重要ですので、何度も演習をして下さい。

●はじめから完璧に覚えようとしない
挫折する人に多いのが、はじめから全て完璧に覚えようとして
勉強が中々進まないケースです。
しかし、はじめから完璧に覚えられ人はいません。
テキストにせよ、過去問にせよ、多少分からない事があってもどんどん先へ進んで下さい。
様々な知識や問題に触れていれば、いずれわかるようになります。
とにかく、勉強はじめの頃は、数をこなす事が重要です。

●勉強する習慣を付ける
勉強を続けていると、疲れたり、眠かったりして勉強をしたくない時が多々あります。
しかし、それでも勉強をして下さい。

1度でも勉強を休んでしまうとそれが癖になり、勉強しない日が増えていきます。
そして、最終的には挫折してしまいます。

とにかく、どんな状況でも毎日勉強はして下さい。
それが例え15分でも構いません。
習慣付けることが合格する上で、とても重要です。

合格コンテンツ

おすすめ通信教育